飽食の時代

最近、飽食の時代とされていて、旨そうなものが多いです。食欲をそそるものが多すぎて年々体脂肪が増えるばかりなのです。そこで、休みの日を利用して、胃腸を休憩させて解毒させるために、プチ断食にチャレンジするのです。以前まではダイエットと聞けば脂肪燃焼系かカロリーカット系が多かったのですが、最近では酵素ドリンクが赤丸急上昇中でしよね。ですが、酵素ドリンクってどんなものが含まれているか分かりにくいものが多いです。作り方もしっかり記載されていると飲んでも安心できます。実は私、酵素ドリンクダイエットにチャレンジしています。決して安いものではないので、せっかく飲むなら一番効果の高い飲み方をしたいですよね。空腹時に飲んだのと、満腹時に飲むのを比べるとしたら、どちらが効果があるのでしょう。あちこちで調べたのですが、答えは見つかりませんでした。とりあえずは、空腹時に飲むやり方で置き換えダイエットをしてみることにしました。

食べる材料により、消化、吸収を行うために必要な酵素の特徴は異なります。たとえるとするならば、日本人の主食であるお米でしょうが、米に混ざっている、でんぷんを糖に分解するために、アミラーゼという酵素が必需成分となります。さらには、タンパク質を分解するにはペプシンという酵素が必要不可欠なわけですね。酵素ドリンクを常に飲んでいると体臭が軽減されてくる効果まであるようです。事実、体臭が弱くなってくる効果は、酵素飲料を飲んでいる内にゆっくりとわかってくるのでしょうか?幾度か飲んだくらいでは見い出しにくいのかもしれませんね。悠長に飲んで体臭がチェンジするのを体感してみたいです。酵素ダイエットというのは、酵素のドリンクを取り入れて断食を行うファスティングダイエットなのです。酵素入りドリンクの飲み方は、朝ごはんを酵素入りドリンクに置き換えて飲んでいくのが一般的でございます。勿論、原液でも飲むことはできるのですが、独特の甘さがあり、飲みにくいときもあります。そのような場合は、炭酸水で割って飲むととても飲みやすくなります。酵素というのは栄養素の中の一つではありますが、食事をして摂取しても体の中でそのまま役に立つというものではございません。その理由は、どちらかというと、大きな分子とする酵素は消化吸収する場合により小さい形に細かく分解されてしまうので、無意味になってしまうのです。年始に太りすぎてしまったので、ダイエットしなくてはと心の中で思っています。とはいえ、ジムに、通う時間は作れないので、なるたけ誰でも出来そうな、お手軽なダイエット策として、ダイエットシェイクを夕食代わりにするか、酵素ドリンクに挑戦するか、どちらかをトライしてみようと思っています。プチ断食の回復の食事というのは本格的な断食による回復食と比べて、簡単なもので問題ありません。でも、できるだけ胃腸の負担の少ない、おかゆや果物を入れたヨーグルトやグリーンスムージーなどのような消化、吸収にいいものだと適しているでしょう。量を少なくするのも重要です。ファスティングを実践中に、頭痛や吐き気が起きる人もいます。これは下がりすぎた血糖値のために起きてしまうことだそうです。酵素ジュースや野菜ジュースなどのドリンクを飲めば、血糖値が上昇して頭痛が治ることでしょう。万が一、酵素ジュースなどを飲んで安静に過ごしていても頭痛が続くようならファスティングは中止されたほうがいいです。

Comments Off on 飽食の時代

Filed under 未分類

Comments are closed.